看護師になるための勉強|専門学校で理学療法士を学ぼう|選べる年数が魅力

専門学校で理学療法士を学ぼう|選べる年数が魅力

女の人

看護師になるための勉強

ナース

学校のランクで選ぶ

看護師の国家資格を取得するには、原則として高校を卒業してから、看護学校に入学しなければなりません。看護学校には3年制の看護専門学校と看護短期大学、そして4年生の看護系大学があります。なかでも看護系大学の偏差値は目立って高く、他の学校も全般に高めなのが特徴です。理科系の科目が中心となるため、しっかりした受験準備が欠かせません。偏差値の低い看護学校を卒業しても、資格さえ取ってしまえば、就職で特に不利になるとは考えられません。どうしても看護師になりたいなら、あえて学校のランクを落とすのも一つの方法です。ただし偏差値の低い看護学校は、中退者が多く出たりするため、絶対に看護師になるという強い意志が必要になります。

准看護師になる方法も

一般には偏差値の高い4年生大学のほうが、医療に関する深い知識を学ぶことができ、将来の昇進には有利に働きます。そのため学力と経済力があるなら、看護専門学校よりもお勧めできます。専門学校は早く社会人になって現場で活躍したい方や、経済的な余裕がない方に向いています。中学卒でも2年制の准看護学校に通えば、准看護師の資格を取得できます。准看護師は国家資格ではなく、看護師と仕事は同じなのに給与は安いとされています。また大手の病院では採用が少なく、介護施設や訪問看護の仕事が中心なので注意してください。ただし、この分野では今後も需要が増えると予想されています。准看護師から看護学校に通い、看護師を目指すことも可能です。