専門学校で理学療法士を学ぼう|選べる年数が魅力

女医と看護師

必要とされる医療のプロ

看護師

看護師は、安定した求人と収入が魅力の仕事ですが、感謝されることも多いやりがいのある仕事です。社会人から看護師を目指す人も多く、看護の専門学校や短期大学、4年制大学を卒業し、国家試験に合格することで働くことができます。

More...

3年制と4年制

女の人

違いはあるのか

リハビリ専門職である理学療法士になる為には、厚生労働省が定める学校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。理学療法士の専門学校には3年制と4年制があります。その違いは何があるのでしょうか。3年制の専門学校を卒業すると、得られる称号は専門士です。3年間なので4年制より学費が安いです。しかし年間平均130万円に対し、4年制では年間平均105万円であり、差は大きくはありません。4年制の専門学校を卒業すると高度専門士という称号が得られ、大学卒業と同程度の称号とみなされます。資格重視の医療分野において給与に差はありませんが、それでも差を設けている職場は少なからずあります。費用や給与では大きな違いはありません。理学療法士の専門課程で、卒業に必要な内容は同じです。大きな違いはカリキュラムに余裕があるかないかです。

メリットは人それぞれ

3年制でも4年制でも理学療法士になる目標に違いはありません。しかし専門学校は高校等のように甘くはありません。専門家を養成する学校であり、理学療法士として活躍できる人間を輩出する責任があります。その為、力が足りなければ留年させます。3年制では4年制より期間が短い分、詰めたカリキュラムになっています。1年でも早く理学療法士として働きたい方もいます。しかし、4年制の方が留年率の低く、国家試験合格率も高い傾向があることを知っておいて損はないです。また、4年制では大学卒業と同程度の称号を得られますので、その後研究したりもっと学びたい方は、大学院への道も開けます。3年制卒業では学位が足りず、進むことはできません。理学療法士に差はありません。4年制の専門学校の方が、その後の可能性を広げることができるだけです。それをメリットと思うかは人それぞれです。

看護師になるための勉強

ナース

看護師の資格を取得するには看護学校に通う必要があります。看護学校には専門学校や短期大学や看護大学があり、偏差値の高い大学のほうが将来的には有利ですが、低くても資格取得や就職には大きな問題はありません。

More...

目標を決めておく

婦人

国家資格を取得するためには、資格の種類や学校を比較しておく必要があります。一覧をチェックすることにより、それぞれの特徴について知ることができるため、自分にあった道選びを進めていくことができるでしょう。

More...